作曲家・ピアニスト・ライター


シティ・オーガニックス

電子音響音楽、マティアス・デルプランク(オリジナルサンプル、ダウンテンポリズム)との共同制作、2015年

セザム・アルジルよりリリース、Cézame-Argile CEZ 4191

00:00
/
00:00

フィア・ファクトリー

映像、ワールドパーカッション、電子音響のために考案された音楽、2012年
Cézame-Argile CEZ 4097

サイコパス
このタイトルはリアーナのビデオ『Bitch Better Have My Money』(エンドクレジット、2015年)に使用。

00:00
/
00:00

死角

アド・ボル監督映画『死角』(2008年)のサウンドトラック。
この長編映画は、ニューヨーク、スペイン、オランダの映画祭で多くの賞を受賞。

00:00
/
00:00
Image

ドローン

映画館でのシンクロのために考案された電子音響音楽、2006年

10タイトル、20分

Cézame-Argile CEZ 4051/4052

00:00
/
00:00

ピアノのある風景

映画館でのシンクロのために考案された電子音響音楽、2006年

10タイトル、25分

共同アルバム

Cézanne-Argile CEZ 4045

00:00
/
00:00

ダーク

映画館でのシンクロのための電子音響音楽、2003年

アルバムは年を経るにつれてこのジャンルでのレファレンスとなり、映画、ドラマ、ドキュメンタリーなどの多くにシンクロ使用されている。エンキ・ビラルが2004年に、映画『ゴット・ディーバ』のサウンドトラックのなかにこれを初めて使用。


CD KOKA-MEDIA 2234

00:00
/
00:00

月世界の女

音楽ショー、8人のソリストのための音楽。1995年。

(オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルン、トロンボーン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)フリッツ・ラングの無声映画用、録音されたエレメント。2時間7分30秒

00:00
/
00:00

ネクスト

映画館でのシンクロのための電子音響音楽、1993年

CD KOKA-MEDIA 2072

おそらく、直接映像のために作曲された「現代音楽」の最初の曲の一つ。大成功を収めた。

00:00
/
00:00

ビデオペレッタ

ミシェル・ジャフルヌーの映画のための、様々な室内楽形態のための音楽。8分30秒、1989年

00:00
/
00:00

マザーグース

カティア・コスマルスキの映画のための音楽。3分30秒、1988年。


水の形

クリスティアン・パリジャーノの映画のための音楽、13分、1987年

ビアリッツ・フェスティヴァルで1988年にクリエーションビデオ大賞を受賞


一語一句

フィリップ・トリュフォー、クリスティアン・ビエット、ミロスラフ・セベスティク、クリスティアン・パリジャーノ、ステファン・ディスの各短編映画のための音楽、1986年


トロンボーン

ユベール・トアンの映画のための音楽、8分、1985年

00:00
/
00:00

エレクトラ

アラン・ゲニエの映画のための音楽(電子音響)、8分、1984年


ピレネーよさらば

アラン・ゲニエの映画のための音楽(ピアノトリオ、コントラバス、テナーサクソフォン)、10分、1981年


ボワシー街74番地

アラン・ゲニエの映画のための音楽(チェロとピアノ)、8分、1979年


新聞広告

アラン・ゲニエの映画のための音楽(ソプラノサクソフォン、ピアノ、電子音響)、4分30秒、1978年

© 2017 Denis Levaillant - Contact: Tom Guillouard